雪の降る土曜の夜明けは立ちっぱなしで

さあ、「グラタン」のことを考えてみたいんだ。険しい顔するほど難しく考える疑問は無い気がするんだ、「蜃気楼」については。

そよ風の吹く週末の明け方は座ったままで

20歳の頃、株に興味をもって、購入したいとおもったことがあるけれど、たいしたお金ももっていないので、購入できる銘柄は限られていたから、あまり魅力的ではなかった。
デイトレードにも好奇心があったけれど、汗水たらして稼いでためた貯金があっさりとなくなるのも怖くて、買えなかった。
証券会社に口座は開設して、銀行口座から動かして入れて、ボタン一つ押すだけで買えるようにしたけれど、怖くて購入できなかった。
一生懸命、働いて得た貯蓄だから、金を持っている人たちから見たら少ないお金でも少なくなるのは恐怖だ。
でも一回くらいは買ってみたい。

悲しそうに跳ねる弟と夕焼け
大変甘いお菓子が好みで、甘いお菓子などを自作します。
普通に手動で頑張って混ぜて、オーブンで焼いて作成していたのだが、近頃、ホームベーカリーで作成してみた、とっても簡単でした。
娘にも食べさせるので、ニンジンをすって混ぜたり、リンゴを混ぜたり、栄養が摂取できるように気を付けている。
砂糖やバターが控えめでもニンジンや野菜自体の甘さがあるから、笑顔で食べてくれます。
最近は、スイーツ男子なんて表現もテレビで言っているからごくふつうだけども、しかし、若いころは、お菓子を自分で焼いているいるといったら不思議に思われることが多かったです。
このごろは、菓子作りをする男がよくいるねとも言われる。

騒がしく話すあの人と冷たい雨

甘い物がとても好きで、ケーキやようかんなどをつくるけれど、娘が色々わかる年になって自作するものが限られた。
私たち夫婦が非常に喜んで口にしていたら、子供がいっしょに欲しがることは当たり前なので子供も食べられるものを私がつくる。
自分は、チョコ系のケーキがとても好きだったけれども、しかし、子供には激甘なケーキなどは小さなうちは食べさせたくないのでつくるのを控えている。
ニンジンやリンゴをいれた蒸しケーキが体にもいいと考えているので、砂糖をひかえてつくる。
笑った顔でうまいと言ってくれたら、とってもつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
ここ最近、ホームベーカリーも使ってつくったりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

湿気の多い休日の夜にお菓子作り
無関心だったけれど、筋トレくらいほんの少しでもしないとなと近頃思う。
会社が変化したからか、最近、走ることがすごく少なくなり、体脂肪率がとても増した。
それと、年齢も関係しているかもしれないけれど、お腹周りに脂肪がついていて、非常に自分でも見苦しいと思う。
わずかでも、意識しないとやばい。

ひんやりした祝日の午前に食事を

夏は生ビールが非常においしいけれど、このごろあまり飲まなくなった。
20歳のころは、どんな量でも飲めたのに、年をとって翌日に残るようになって少ししか飲まなくなった。
ビアガーデンにも社会人になった頃はものすごくあこがれ、行くことがとっても楽しみだったけれど、会社の関係であきるほど行って、自分の中では、現在、印象が悪い。
そうだけれども、取引先との付き合いの関わりですごく久しぶりにビアガーデンに行った。
とても久しぶりにうまかったのだけど、テンションが上がってたいそうお酒を飲みすぎて、やはり、翌朝に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。

雨が上がった水曜の夕暮れは想い出に浸る
8月に、宮古島に働きに出かけた。
日差しが非常に暑い!
Uネックのカットソーの上に、スーツの上。
汗をかいてサウナ状態になりすぎて、スーツのジャケットはメチャクチャに。
泊まり先にまで入って、仕方なくLUSHの石鹸で綺麗にした。
翌日ジャケットは桃のいい匂いがした。
スーツが汚くなるのではないかと気になったけれど、何があっても洗いたいと心に決めていた。

泣きながら大声を出すあいつと読みかけの本

私が思っていたより普通の生地は少しでも値段がする。
子が幼稚園に行くので、入れ物が指定された必要品だけど、しかし、以外と普通の生地が安い物がなかった。
中でも、固有のキャラクターものの布なんて、めちゃめちゃ高い。
あんまり種類も無いのにキャラクターものの仕立てるために必要な布がものすごく金額がいった。
使うサイズの既成品をどこかで購入するのが手っ取り早いし、面倒が無いだが、地方なので、皆、家でつくったものだし、近所に売っていない。

薄暗い木曜の夜にお菓子作り
お盆でも実家から外れて定住しているとほとんど意識することがないが、不十分ながら、仏前のお菓子くらいはと思い故郷へ送った。
生まれた家に居たら、香をつかみ祖霊の出迎えに出向いて、盆のラストに送り届けにおもむくのだが、別れて住んでいるので、そのようにすることもない。
近辺の方は、線香を握って墓所に向かっている。
そのような姿が見える。
いつもよりお墓の近辺の道路には多くの乗用車が路駐されていて、お参りの人もとっても多く目につく。

雲の無い仏滅の深夜に歩いてみる

太宰治の人間失格を全部読み終わって、主人公の葉ちゃんの気持ちも分からなくはないな〜と思った。
主役の葉ちゃんは生きていくうえで少なからず持っている部分を、大分抱えている。
そんな部分を、内に秘めないで、お酒だったり異性だったりで解消させる。
クライマックスで、バーのママが「葉ちゃんは飲んでも飲まなくてもいい子だよ」と話す。
ここで初めて、葉ちゃんは要領が悪いんだと、必ず悲しくなってしまう。

雨が降る水曜の深夜に昔を思い出す
絵やフォトといった芸術が好きな方だと思うし、絵もまあまあ上手なのに、写真が非常に苦手だ。
とは言っても、前、上機嫌で、ペンタックスの一眼を持ってた時もあり、なにがなんでも持ち歩いたりした。
ビックリするくらい焦点が合ってなかったり、おかしな配置なので、カメラがかわいそうだった。
そう思ったけれど、カメラや加工はどう考えても、最高に楽しいと感じる芸術だ!


PAGE TOP

さあ、「グラタン」のことを考えてみたいんだ。険しい顔するほど難しく考える疑問は無い気がするんだ、「蜃気楼」については。
Copyright (C) 2015 言葉が出ないほどの強風に遭遇 All Rights Reserved.