夢中で口笛を吹く家族と濡れたTシャツ

「作家」のことを特別に考えている人って、いっぱいいるのかな。幼い頃の体験や偏見みたいなのが、「パスタ」と結びついちゃうことって、確かにありうる話だよね。

よく晴れた大安の夜に目を閉じて

少年は、今日は学校の給食当番だった。
帽子とマスクを着け、白衣を着て、他の給食当番達と、給食を給食室へ取りに行った。
今日の主食は、お米じゃなくてパン。
バケツのように大きなフタつきの鍋に入ったシチューもあった。
少年は、最も重い瓶入り牛乳は、男の子が運ばないといけない、と思っていた。
クラス皆の分38本はかなり重い。
なので自分が、バットに入った38本の牛乳を持ったのだけど、同じ給食当番のフーコちゃんが一緒に持って運んでくれた。
牛乳は重いので女子に運ばせたくなかったけれど、同じクラスでも一番かわいいと思うフーコちゃんと教室まで一緒に歩ける、と思った少年は、少しドキドキしながら、そのまま2人で牛乳を運んでいくことにした。

汗をたらして口笛を吹く弟と暑い日差し
さやかちゃんは見た感じだけではのんびり屋に見られるらしいけど、活発な女性。
旦那さんと、1歳になるけんちゃんと、一家で、ドーナッツ屋さんの隣の一軒家に住んでいる。
仕事も育児も完璧にこなして、かなり忙しいけれど、時間の有効活用は上手。
少しでも時間があれば、遊びに行っていい?など必ず電話を入れてくれる。
私は喜んでケーキを購入し、さやかちゃんの住まいにおじゃまする。

凍えそうな日曜の日没は料理を

とある夜中、私は当時付き合っていた彼氏と、都内から下道を利用し、由比ヶ浜に向かった。
なぜかと言うかは、大好きな一眼レフのカメラで風景を撮ることだったが、なかなかうまく撮れない。
ビーチは久々だったので、撮影に飽きるとサンダルを脱いで海に入りはじめた。
しだいに飽きて、砂で山を作ることをしはじめた。
覚えている限りでは、それ位までは、実際にそばにあった白いデジタル一眼。
じゅうぶんに過ごして、帰宅途中、スタンドで一眼レフがない事に気付いた。
仕方なくアパートまで帰ってきたけど、しばらく、最高にさみしかった記憶がある。
たくさんの記録が記憶されていたお気に入りの一眼レフ、現在はどの場所にいるんだろう?

風の無い日曜の午後は外へ
富士には月見草がよく似合うと、よく知られる名言を表したのは文豪の太宰治だ。
彼は、バスに乗車し、御坂峠を越えて、現在の甲府市まで向かっていた。
そこで偶然一緒に乗ったお婆さんが「月見草」とつぶやく。
その一声で、振り向いた太宰の目に見えたのが月見草、同時に富士の大きな裾野であった。
富岳百景の一部のこの部分は、富士山を説明するときに欠かせない。
多くの作品に出てくる、3776mの名山だ。
どの方面から見ても同じく、整った形をしているために、八面玲瓏という表し方がよく合うと伝えられる。
全く同じ意見だ。
私が特に好きなのは、秋の富士山だ。

雨が降る土曜の深夜に想い出に浸る

時は金なりというのは、的確な言葉で、ダラダラしていると、本当にあっという間に貴重な時間が過ぎていく。
もーっと、素早く仕事も課題も終われば、これ以外の仕事に時を回すのに。
掃除をしたり、ジムに行ったり、料理をしたり、メルマガを手に取ったり。
そう考えて、ここ最近、しゃきしゃきこなそうと頑張っているが、何週間達成できるのか。

雲が多い祝日の夜は友人と
昨年秋の誕生日、親友から貰った香水瓶は、穏やかな
ぴったりな瓶で、意識してチョイスしてくれたもので、小さい瓶で飾りがついていてお洒落だ。
雰囲気も香水ボトルも大げさに言っても華やかではないものだ。
香水ストアには多くのボトルが置かれていたが、目立たない場所に置いてあったもの。
大きさはほんとに小さい。
シンプルで気に入っている。
外に出る時だけでなく、仕事のときもバッグの中に、家での仕事のときも机の隅に置いている。
それで、私のカバンの中はどれも同じ匂い。
だいたいつけているので、そうでないとき「今日あの香りしないね」と気づかれる場合もたまに。
香水ストアにて多くの香りを試すことは好きなことだけど、この香水が今までの中で一番気に入っている香りだ。

ノリノリでお喋りするあいつと気の抜けたコーラ

友達とお昼に会う約束していた。
大きな駅のいつもの巨大なテレビ画面の前。
待っていると、ちょっと遅くなると電話が入った。
駅のこの場所は待ち合わせ地点なので、待ち人も次々に去っていく。
ipodで音楽を聴きつつ、その様子を眺めていた。
それでも時間を持て余して近くのカフェに入って、オレンジジュースを飲んでいた。
その後、友人が遅くなってごめんね!と言いつつきてくれた。
お昼どこはいる?と聞くと、パスタがいいかもとの事。
色々まわってみたけれど、入りたい店を探せなかった。

涼しい月曜の午前は歩いてみる
普段、家で一人で出来るような働き方をして、忙しい時期など誘いがあると派遣先に仕事に出る。
たった、ひと月に何回が、非常に怠く思えて仕方ない。
この際辞めてしまおうとか。
参加すればやる気になるけれど、多くのメンバーに囲まれて、みんなで業務をするのは難題だ。
本気で友人に持ちかけると、言いたいことは分かるけれど、など豪快に笑っていた。

涼しい月曜の日没は焼酎を

私は、アレルギーで、ファンデーションはもちろん出来ないし、乳液も一部だけだ。
なので、果実や飲み薬の力にお任せになっているが、近頃摂取しているのがゼラチンだ。
緑茶に溶かして、毎晩習慣にしているけれど、少しだけ素肌が艶やかになった。
さらに、飲むようになってから効果が出るまで、即効性があったので、感動した。

暑い月曜の深夜はシャワーを
理由があって必要な大きな竹を多すぎるほど拝領するようになり、助かっているのだが、密集した竹が障害となっていて積極的に運び出してほしがっている土地管理者は、必要以上に大きい竹を取って運ばせようとするのでやっかいだ。
いっぱい運んで戻っても捨てることになるのだが、場所をとる竹が困ってしょうがないらしく、持って行ってくれと強く請われる。
こちらも必要なものをタダでもらっているので、断りづらい。


PAGE TOP

「作家」のことを特別に考えている人って、いっぱいいるのかな。幼い頃の体験や偏見みたいなのが、「パスタ」と結びついちゃうことって、確かにありうる話だよね。
Copyright (C) 2015 言葉が出ないほどの強風に遭遇 All Rights Reserved.